神戸・明石市歯医者アップル歯科クリニックHOME > 一般診療 > 咬合治療 > 【すれ違い咬合の治療】歯が原因で顎や顔の変形でお悩みの方

【すれ違い咬合の治療】歯が原因で顎や顔の変形でお悩みの方

すれ違い咬合

上顎と下顎に何本か歯か残っているにも関わらず、自分の歯で咬むところがなくなってしまい、バランスの悪くなってしまった状態をすれ違い咬合といいます。 すれ違い咬合になってしまうと、「どんな治療をしてもどんどん悪くなる」「顔が歪んだように変形してしまう」「背筋が歪み、姿勢が悪くなる」 等の深刻な症状が現れるのが特徴です。 たとえば、上顎は右側の歯が、下顎は左側の歯のみ存在していればかむところは無し、すなわちすれ違い咬合ということになります。


すれ違い咬合の原因

すれ違い咬合

すれ違い咬合の主な原因は入れ歯と言われています。状態としては上は「右側だけ歯がなく、下は右側の歯が残っている」、あるいは「上は左側だけ歯がなく 右側だけ歯がなくなっている」場合、もちろんその左右前後対象も同じです。

片側だけ歯が残っている状態で入れ歯をした場合、入れ歯と自然の歯が咬み合うと、自然の歯の力の方が強くなります。 また、自然の歯が咬み合っている部分はその部分に集中的に咬合力がかかり、ダメになりやすくなります。 それらが原因で、入れ歯がすぐに合わなくなったり、咬合平面という咬み合っている部分が削れて不安定になったり、「顎堤」という残された歯槽骨と粘膜によって形成される堤状の高まり の部分が異常に吸収され顎や顔が歪みはじめ、その影響で姿勢やバランスを悪くすることもあります。


すれ違い咬合を放っておくと

すれ違い咬合

すれ違い咬合を放っておくと、自然の歯と咬み合っている部分の歯肉と下の骨がどんどん吸収され、顎が薄くなっていき、顔つきが変わってきます。 さらに、残っている歯も咬み合う歯がないので、支えを失いもろく抜けやすくなります。また、すれ違い咬合のほとんどが難症例といわれ、 放っておけばおくほど治療が困難になっていきます。


すれ違い咬合の治療法

すれ違い咬合

すれ違い咬合の治療法としてはインプラントが挙げられます。インプラントは天然の歯と同じく、歯の下の骨と吸着しており、入れ歯のように金具をかけたり パカパカ浮くようなことはありません。そのためしっかりとした咬み合せに戻す事が可能で、自然の歯にも失った部位にも有効な治療であると 考えられます。


すれ違い咬合

ただし、前述したとおり、すれ違い咬合のほとんどは難症例とされており、咬み合せを整えるよう考えられた治療計画が最も重要となってきます。 インプラントは咬み合せによっては天然歯を破壊してしまう場合も、その逆の天然歯によりダツリしてしまう場合も考えられます。 また、磨り減ってしまった骨にそのままインプラントを埋入することもできなくなるので、早めの治療が大切です。 治療には咬み合せとインプラントの知識を修得した歯科医師の技術が必要です。


タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。ご予約後に078-935-4182から確認のお電話をさせて頂くこともあります。

予約

明石アップル歯科の診療について 早く・強力に・安全に。アップル歯科インプラント 痛みを少なく、早く動かす 明石・加古川・垂水区・西区 介護が必要な方の歯科治療 アップル訪問歯科診療 アップル歯科の治療実績 症例ごとの治療例 アップル歯科の症例集 明石アップル歯科からのご案内
駐車場15台有 無料託児室有 専用手術室有
明石アップル歯科の診療時間

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能
所在地
兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1

アップル歯科スペシャルサイトのご案内 兵庫県明石市・神戸市求人 共に働き成長できる仲間の募集 クリニッククラーク PEPPER 明石アップル歯科のプレミアムフラデー
神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック フェイスブックページ 神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック スタッフブログ 神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック Rss2.0


このページのトップへ