アップル歯科クリニックHOME > ウィキ歯ディア【歯の豆知識】 > イビキと睡眠時無呼吸症候群

イビキと睡眠時無呼吸症候群

イビキの悩みは歯医者さんに相談しよう!

最近、イビキや睡眠時無呼吸症候群による健康被害が注目されています。周りからイビキを指摘されて耳鼻科を受診する方もいますが、
イビキには、口の構造や機能も深く関わっています。まずは、私たち歯科医師に相談してみましょう。

起きている状態

イビキのメカニズム

睡眠中口呼吸をしていると、舌が喉に落ち込んで気道が塞がれ、空気が狭い気道を通るときに粘膜が振動してイビキが発生します。
イビキをかいている人は、十分に呼吸ができていないので眠りが浅く、睡眠不足に陥っています。
日中も眠気があり、集中力や記憶力が低下し、無気力になったりイライラしたりするようになります。



寝ている状態

生命までもおびやかす睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは、『一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上起こる。
または、睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が5回以上起こる』という症状です。
睡眠中に呼吸が止まった状態(無呼吸)が断続すると、血中酸素の不足や強い睡眠不足のストレス状態に陥ります。

いびきがもたらす脅威

イビキと口輪筋

口輪筋(唇の周りの筋肉)が弱くなると、舌を支える筋肉も弱くなって舌の沈下をもたらします。口輪筋の筋力低下は、肥満や加齢、赤ちゃんの時の授乳の影響などが考えられます。
イビキを指摘されている方は、口輪筋の筋力低下も疑ってみましょう。

タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。
【ご予約は明石アップル歯科(明石市大久保町)への予約です】

予約
イビキと睡眠時無呼吸症候群

イビキと睡眠時無呼吸症候群 | 更新日: 2017年12月18日 | by 明石アップル歯科



明石アップル歯科の診療について

歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 小児歯科

駐車場15台有 無料託児室有 専用手術室有
明石アップル歯科の診療曜日 明石アップル歯科の診療開始時間 9:30 明石アップル歯科の診療終了 月・火・木・金18:45 水13:00 土17:00

※日曜診療は診療カレンダー参照

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能
所在地
兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1


このページのトップへ