八重歯の治し方

HOME > 新着情報 > 八重歯の治し方

八重歯って治した方がいいの?

八重歯とは

八重歯とは歯列から飛び出して歯が重なり合っている状態を八重歯と言います。叢生(そうせい)と呼ばれる歯がデコボコと重なり合ってしまっている不正咬合の中の一つです。

かわいいと表現される方もいらっしゃいますが、飛び出してしまっている状態は咬み合わせや口腔内の環境のことを考えるとかわいいだけではなくむし歯や歯周病の原因となったり、口腔内を傷つけてしまうリスクもあります。

反対にご自身の八重歯がかわいいと思わない方もおられます。子供の永久歯が通常とは違う位置から飛び出し始めていたり、歯がガタガタに見えるため気になったり、心配に思われる方のご相談も歯科医院には多く来られます。

八重歯の原因

八重歯の主な原因は大きく2つあります。遺伝的な原因と乳歯から永久歯へと生え変わり方が原因となる場合です。このように、八重歯になる原因は凡そ幼少期のお口の環境によってなってしまうものです。幼少期に対策をすることは可能でし、もちろん成人後でも治療方法はございます。

遺伝的な原因

八重歯そのものが遺伝するわけではなく、顎の大きさや歯の大きさの遺伝が原因で八重歯になることです。顎が小さいと14本全ての歯が並びきるスペースが足りず歯列から飛び出し重歯となってしまう場合があります。歯が大きい方も同じく一つ一つの歯の並ぶスペースが足りず萌出する場所ではないところから飛び出してしまい八重歯となってしまう場合があります。

遺伝的特徴は、前頭蓋底部、上下顎歯列弓形状において著明であり、また、下顎骨体長、鼻上顎部高径にも認められた。

生え変わり

犬歯は永久歯に生えかわる順番が他の歯よりも遅いため、他の永久歯が犬歯の萌えるスペースを埋めてしまうことが原因で別の場所から飛び出してしまい八重歯となってしまいます。

実は、八重歯は厳密に言うと歯列から飛び出して歯が重なり合っている状態の歯を指しますが、このようなことが原因で犬歯=八重歯と思われる方が多いです。

他にも幼少期にむし歯などで早いタイミングで臼歯が抜けてしまい永久歯が早く萌出し犬歯が生えてくる前にそのスペースを埋めてしまう場合や、柔らかいものばっかり食べてしまったり、離乳ができなかったりやおしゃぶりが長くなってしまい顎が小さくなってしまった場合も八重歯の原因となる場合があります。

八重歯のリスク①

八重歯だけに限らず歯が重なり合ってしまっていると歯ブラシなどのセルフケアが行き届かず歯石や歯垢が溜まる原因となります。そのため菌が増殖しむし歯や歯周病になってしまうリスクがあります。このような状態になると口臭の原因にもなります。

他にも、八重歯は歯列から飛び出してしまっているため、口が閉じにくくなってしまい口呼吸となり口腔内に菌が入りやすくなったり、唇・舌・歯茎を傷つけやすくなっている場合があります。

八重歯のリスク②

八重歯にはもう一つ咬み合わせ上で大きな影響がある場合があります。犬歯が八重歯になることが多いと話しましたが、実は犬歯は正常な咬み合わせに大切な役割を持っています。

犬歯は顎の横の動きの際に奥歯の負担を軽減してくれる役割を持っています。奥歯は縦の力、つまり噛む力には強いのですが、根っこは薄く細いため横にゆらす動きには強くありません。

奥歯の抜歯の際は横に揺らしながら歯科医師も抜歯をしていきます。歯ぎしりなど横の動きの際に奥歯の負担を軽減してくれる犬歯が八重歯になっている場合はこの大切な役割を果たしていないため、奥歯に負担がかかり初めはヒビが入り歯がしみたり(知覚過敏)、歯周病の進行が早くなったりと奥歯に悪い影響が出てくる可能性があります。

八重歯の治し方

八重歯は歯科治療で治る?

歯科医院での治療は幼少期の段階で八重歯にならないように対策する方法と、八重歯となっている歯を治療する歯列矯正での治療することが一般的です。

先ほどお話した通り犬歯は咬み合わせ上で重要な役割を持っていますし、歯根が他の歯よりも長く寿命も永いため、犬歯を抜歯する選択は口腔内全体の咬み合わせ上致し方ない場合や、犬歯がむし歯や歯周病により抜歯せざるを得ない場合などはっきりとした理由がない限りはありません。

八重歯の治療法

八重歯を矯正するためには、歯の状態や原因を知ることで治療法は異なってきます。顎が小さく歯が並ぶスペースがない場合はスペースを確保する必要がありますし、他の歯が本来八重歯が入るべきスペースに移動してきてしまっている場合にはその歯を動かすことで八重歯を咬み合わせ上正しい位置に動かせる場合もあります。

ご自身の場合はどんな矯正治療の選択肢があるのか、部分的な歯列矯正で治るのか、全体的な歯列矯正が必要なのか、歯を少し削ってスペースを作る、もしくは抜歯も必要な歯列矯正が必要なのか等、担当の歯科医師や矯正医の診断を受ける必要があります。

八重歯の治療の選択肢

単に歯列矯正と言っても、現在では多くの歯列矯正がございます。それぞれに特徴とメリットやデメリットが存在しますし、費用もかわってきます。八重歯の治療とはいえ八重歯だけを動かし矯正をするのではなく、全体的な咬み合わせなど口腔内の環境を考えて関係する歯を動かす必要があります。ご自身の希望と歯科医師や矯正医の診断の中でよく相談してどの歯列矯正で進めるかを選択してください。

マウスピース矯正(全体矯正)

見た目も咬み合わせにも配慮した治療方法

マウスピース矯正は透明なマウスピースで目立ちにくく、取り外しが可能なため食事や清掃性にも困らず矯正治療を行うことができます。異なる複数枚のマウスピースを歯科医師に指定された期間交換しながらつけていくことで歯が徐々に動いていきます。

事前に現在から終了までのマウスピース矯正のシミュレーションをすることが可能で、もちろんご自身で見ることもできます。但し、歯のガタガタが激しい場合などマウスピース矯正では適応外になる場合もあります。

八重歯が気になる方のマウスピース矯正(インビザライン)の症例

オフィスホワイトニングのご希望と左上3番の八重歯が気になりご来院いただいた患者様です。精密検査と口腔内のスキャンを行い矯正治療のシミュレーションと検査結果を合わせて診断していきました。ワイヤーによる歯列矯正とマウスピース矯正による部分矯正(インビザラインGo)と全体矯正(インビザライン)の治療についてご説明させていただきました。

部分矯正ではきれいに並ばないきらない箇所もあるため、全体矯正で目立ちにくいマウスピース矯正での治療を選択され治療を行いました。今回はオフィスホワイトニングがご希望でしたが、ホームホワイトニングの場合は矯正を行うマウスピースに薬剤を入れてマウスピース矯正と同時にホワイトニングが進行できますのでご希望の方はお気軽にご相談ください。

Before

After

Simulation Before

Simulation After

治療内容マウスピース型矯正装置(インビザライン)による歯列矯正とセラミックインレー、精密根管治療、オフィスホワイトニングによる総合治療
期間2年2ヶ月・30回(カウンセリング・検査含む)
費用自由診療:マウスピース型矯正装置(全体矯正)+精密根管治療×2歯+オールセラミックインレー×7歯+オフィスホワイトニング 総額 1,265,000円(税込 1,.391,500円)
リスク

  • 1日当りの所定の製品装着時間が守られない場合、製品が担当医師の指示通りに使用されない場合、アポイントメントが守られない場合、および/もしくは特殊な形状の歯が存在する場合については、望まれる治療結果の実現性に影響を与える場合があります。
  • 次のステージのアライナーに交換した後に、歯の圧痛を経験する場合があります。 歯の移動を可能とするための空隙を創り出すため、歯の削合が必要となる場合があります。
  • 長期間にわたって重なっていた歯は、歯間接触下部の歯肉組織が失われている場合があり、歯列矯正を行うことで、「ブラックトライアングル」が発生する可能性があります。
  • 稀に、歯の寿命を縮める場合があり、歯内治療および/もしくは追加的な補綴修復処置等の追加的な歯科治療が必要となる可能性、および、歯が失われる可能性があります。 また、過去に歯の損傷があった場合、または大規模な補綴修復処置がなされていた場合、さらに悪化する可能性があります。
  • 食いしばりが強い場合や咬合力が強い場合は天然歯と同じく割れる場合があります。
  • 補綴が原因となり歯根歯折を起こす可能性があります。
  • 経年の劣化により着色や脱離をすることがあります。
  • ホワイトニングの処置後、何らかの不快な症状(歯の痛み・知覚過敏症状、また歯ぐきや口腔粘膜の炎症)が起きる場合があります。
  • 以下の症状に心辺りがある場合はホワイトニングの処置が出来ない場合があります。
    • 呼吸器疾患を持った方
    • 強い嘔吐反射
    • 妊娠中・授乳中の方
    • 光線アレルギー
    • 過去にホワイトニング経験のある方
    • 知覚過敏のある方
    • 無カタラーゼ症の方
    • 3週間以内にフェイシャルのエステ・脱毛をされた方

マウスピース矯正(部分矯正)

短期間で終了し費用が抑えられる治療

特徴は先程の全体矯正と同じになりますが、部分的に矯正を行うので全体的に歯を動かすよりも短期間で終了し全体矯正よりも費用が抑えられます。但し、前歯から5番目の歯までしか動かすことができませんので、奥歯も動かして歯列矯正をする必要がある場合は適応外になります。

ワイヤー矯正

従来の咬み合わせ治療

マウスピース型矯正装置が台頭するまでは、ほとんどの歯列矯正はワイヤー矯正で行われていましたので多くの症例があります。抜歯が必要なケースではワイヤー矯正の方が得意な場合が多いです。

クリアや白のワイヤー矯正もありますがどうしても装置が見えてしまいます。八重歯の状況や全体の歯並びの状況とご自身の希望をしっかり伝え、歯科医師と一緒に治療方法を選択していくことが必要です。

八重歯が気になる方のマルチブラケットによる歯列矯正の症例

顎関節症と上顎3番の八重歯や歯がガタガタ(叢生)が気になり、他院では骨が削れているために歯列矯正ができないと言われたことで当院にご相談に来られた高校2年生の女性です。歯列矯正に入る前に、ほおずえや寝るときの姿勢のチェック、咬み合わせのチェックなどを行い、原因を特定していきながら、こまめに資料を撮り、カウンセリングを重ねていきました。

顎関節症の原因として考えられたのは上顎前突・叢生と開咬気味の咬み合わせから生じた顎の不具合で、当初の希望であった歯列矯正による原因治療で進行していきました。

Before

After

治療内容マルチブラケット(クリア)と矯正用ミニインプラント1本による歯列矯正
期間1年1ヶ月・20回(カウンセリング・検査含む)
費用自由診療:マルチブラケット装置+矯正用ミニインプラント✕1本 総額 765,000円(税込841,500円)(調整料15回分含む)
リスク

  • 歯磨きがわるい場は、虫歯や歯肉炎が進行することがあります。
  • 顎関節が弱い方の場合、関節異常が出ることがあります。矯正治療中顎の関節に音がする、痛くなる、口が開きにくくなる、といったような症状が出た場合には直にお知らせください。その場合は顎関節症の治療をすることがあります。 長期の矯正治療により歯根吸収が生じる恐れがあります。
  • 歯ぐきや歯槽骨が多少やせることがあります。そのため、術前の状態より歯肉が退縮し、隙間ができることがあります。
  • 体質により金属アレルギーを引き起こす事があります。
  • 治療後、知覚過敏や痛みなどが出たり、吸収された骨が再生しなくなることがあります。
  • 歯肉が退縮して歯が長く見えたり、歯と歯の隙間が広くなったりすることもあります。

舌側矯正

見た目も咬み合わせも考えた治療

歯の裏側(舌側)につける矯正装置です。歯の表面には何も付いていないので、見た目では矯正中ということがわからないほど目立ちにくい矯正装置です。但し、滑舌に影響を及ぼすため話しづらくなったり、痛みや不快感の症状が出る場合があります。

小児矯正(咬合育形成)

八重歯にならないための治療

お子様向けの矯正(11歳ぐらいまで)で、顎の発育を促し、歯が並ぶスペースを作ることで良好な咬み合わせを作り、八重歯などの不正咬合にならないようにします。大人になってから歯列矯正する場合に抜歯が必要な症例でも小児の時期に矯正を行うことで抜歯のリスクを減らすことができます。

但し、お子様の顎の成長の予測は身長を予測するのと同じく難しいため、予想とは異なる場合があります。治療期間や計画の変更が必要な場合があります。

Ⅰ期治療(拡大床による骨格矯正)による叢生の小児矯正の症例

小さい頃から通って頂いている患者様です。大きくなるに連れ、前歯の歯並びが特に気になりだしたということで、ご両親ともカウンセリングにお越しいただき、現状と今後についてしっかりお話させて頂いた結果、Ⅰ期治療(拡大床による骨格治療)で、少しワイヤーを使うだけで治療を進行していきましたc

Before

After

治療内容拡大床による骨格治療
期間3年・30回(カウンセリング・検査含む)
費用自由診療:咬合育形成 総額 400,000円(税込 440,000円)
リスク

  • 歯磨きがわるい場合には、虫歯や歯肉炎が進行することがあります。
  • 顎関節が弱い方の場合、関節異常が出ることがあります。矯正治療中顎の関節に音がする、痛くなる、口が開きにくくなる、といったような症状が出た場合には直にお知らせください。その場合は顎関節症の治療をすることがあります。
  • 歯ぐきや歯槽骨が多少やせることがあります。そのため、術前の状態より歯肉が退縮し、隙間ができることがあります。
  • 体質により金属アレルギーを引き起こす事があります。
  • 治療後、知覚過敏や痛みなどが出たり、吸収された骨が再生しなくなることがあります。
  • 歯肉が退縮して歯が長く見えたり、歯と歯の隙間が広くなったりすることもあります。

まずはご相談から

マウスピース矯正を行う場合、専用の機械を導入している医院ではお口の中をスキャンするだけでマウスピース型矯正装置を行った後のシミュレーションを3D画像で確認できたり、マウスピース矯正装置を作っているインビザライン社には笑顔の自撮り写真から矯正後の笑顔を確認できるサイトもございます。

現在の笑顔と矯正後の整った歯並びの笑顔を見比べてみたり、歯科医院でシミュレーションをしてみたいという方はお気軽にご相談ください。

当院では無料の矯正相談を実施しておりますので、その中で人それぞれお口の環境は違いますので、八重歯のリスクや治療計画を患者様の希望にも寄り添いご提案させていただきます。

この記事の編集・責任者は歯科医師の岡本大典です。
タグ: , , ,

八重歯の治し方 | 公開日: 2021/12/29 | 更新日: 2021/12/29 | by 明石アップル歯科

このページの関連記事

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

兵庫県 神戸市中央区周辺で歯科をお探しなら

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

大阪市 北区梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市 中央区難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪府大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top