痛みを抑えるために(保険・自費)

HOME > 一般診療 > 痛みを抑える工夫 > 痛みを抑えるために(保険・自費)

治療時の痛みを抑えるために(保険・自費)

痛みの少ない治療のための工夫

歯の治療はしみるような独特の痛みが苦手という方も多いと思います。それどころか、小さな頃の歯医者に対するトラウマから歯医者に通えなくなったという人も少なくありません。

従来の歯科医院では治療することが第一で、患者様の気持ちや痛みは二の次だったところもあったのかもしれません。当院ではできるだけ痛みを少なくできるように、複数の取り組みをしております。

歯科医院で治療する女性

痛みを抑える3つの方法

1.麻酔針を刺す時の皮膚の痛みを消す表面麻酔。

麻酔針を刺す時の「チクッ」という痛みが苦手な方も多いと思います。アップル歯科では局所麻酔(麻酔注射)の前に表面麻酔をして、皮膚に麻酔を染み込ませることで針を刺すときの痛みを抑えるようにしています。

表面麻酔には十分な効果があると確認されており、痛みを抑える処置として有効です。(※1)また、表面麻酔のために特別な費用はいただいておりませんので、請求が多くなることもありません。

表面麻酔

※参考文献1)

2.細い針による物理的な痛みの軽減

アップル歯科で使用している注射針は35ゲージという非常に細い注射針です。針先の太さがわずか0.2mmと、注射針の中でも極めて細い注射針で、蚊に刺されるのと同程度の細さと言われています。

元々は、糖尿病患者のインスリン注射の痛みを軽減できるように開発された注射針です。痛点を避けるという観点から考えても、細い針であればあるほど痛みは感じにくくなるのは確かです。

細い麻酔注射針

さらに細い注射針を導入しました

2020年2月より、麻酔針が更に細くなりました。従来(2020年2月まで)の麻酔針も、とても細い針を使用しておりましたが、更に細い針となります。

従来までの33ゲージの針と比べて、約0.3mm細くなりましたが、内径はどちらも0.11mmと同じで、麻酔の注入圧に増加はないため、針が細くなった分だけ痛みが軽減すると言えます。

肉眼ではちょっと細いことが分かる程度ですが、そのわずかな差が麻酔時に大きな差を生むこともあると考えて、よりよい道具の導入を進めています。

さらに細い麻酔注射針

3.痛みの少ない局所麻酔の打ち方

歯の治療で痛みを感じなくするための一番の方法は、局所麻酔です。しかし、その局所麻酔が痛くて苦手という方もいらっしゃいますので、当院ではこの局所麻酔を重点的にトレーニングしています。

局所麻酔中に痛みを感じることが多いのが、麻酔液を注入する最中と言われています。(※2)ですが、針を刺す場所・注入時の工夫により、その痛みを大幅に軽減することが可能です。

  • 針を刺す場所は、頬粘膜という場所で、痛点が少ない場所にします。
  • 歯ぐきに直接刺すと、凄く痛みますが、頬粘膜に刺しても時間を置けば浸潤していきます。
  • 頬粘膜をゆらしながら刺す事により痛みを感じにくくなります。
  • 麻酔液を注入するときは、強く押し出すと痛みを感じるため、ゆっくり時間をかけて注入します。

アップル歯科では全ての歯科医師が「痛みに配慮した麻酔」の手技を修得しています。

麻酔時の痛みを少なくする技術

※参考文献2)

麻酔時の痛みを抑える機器

痛みを軽減するための

電動注射器

電動注射器

組織内に高い振動を与えると痛みを感じにくくできるという考えに基づいた、注射器を毎分10000回振動させる道具です。8割の患者の痛みが軽減されたという論文もあり、効果が認められている方法といえます。

麻酔液の

温度調節機器

温度調節機器

麻酔液は、体温と同じ37℃前後で注入すると最も痛みを感じにくいと言われています。この機器で麻酔液を37℃に温め、保温する機器になります。

注入速度をコントロールする

コードレス電動注射器

コードレス電動注射器

麻酔液を注入する際に最も大切なのが、ゆっくり、同じスピードで注入することです。(※3)この機器を使うことで、一定のスピードで麻酔液を注入することが可能になります。

※参考文献3)浸潤麻酔時の痛みを軽減させる注射法としては、痛点の少ない部位を考慮して刺入すること、最初に粘膜下にゆっくり注入し、徐々に深部へと針を進める、そしてゆっくりと一定の軽圧で注入することがあげられる。

いつの間に麻酔が終わったの?

アップル歯科では、通常診療の中で痛みに配慮した治療の第一の手段は、麻酔の打ち方(効かせ方)だと考えております。だからこそ私たちは、麻酔の打ち方や方法に細心の注意と努力を払い、痛みを抑える工夫をします。

目標とするところは患者様に「いつの間に麻酔が終わったの?」と聞かれるくらいの、痛みの少ない麻酔を目指します。

歯科医師のカウンセリング
この記事の編集・責任者は歯科医師の岡本 大典です。
院長
タグ: , ,

痛みを抑えるために(保険・自費) | 公開日: 2013/08/05 | 更新日: 2024/03/05 | by 明石アップル歯科

このページの関連記事

明石アップル歯科について

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

診療カレンダー

※日曜・祝日診療は不定期となります。

明石アップル歯科への
アクセス・地図

明石以外でもアップル歯科の治療を受けられます

明石・神戸周辺のアップル歯科

兵庫県 明石市周辺の歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科

明石市大久保町高丘3丁目3−1

兵庫県 神戸市中央区周辺の歯科

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科

神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F

その他兵庫・大阪に8つの
アップル歯科があります

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top