アップル歯科クリニックHOME > 一般診療 > 咬合治療 > 咬合性外傷(歯根破折)とは

咬合性外傷(歯根破折)とは

咬み合わせが悪いと、ブラッシング(歯磨き)が上手でも、歯は長持ちしません。

このような悪い咬み合わせを咬合性外傷と呼びます。

虫歯治療で詰めたり被せたりした後、何か少し高い気がしたけれど、使っているうちにだんだん気にならなくなったことはありませんでしたか?慣れたのではなく、咬合性外傷によって歯根膜が緩み、歯の可動領域が広がってしまったのかもしれません。

歯根膜

歯の根の周りには歯根膜という、歯を固定し、咬む衝撃を吸収するクッションがあります。たった15/100ミリ程度のクッションですが、とても大切な組織です。それよりも大きな噛み合わせの誤差が生じると、歯根膜やその周囲の組織が破壊され、歯が緩んでグラグラし始めます。

歯と歯の間には5/100ミリ程度の隙間、歯根の周りには15/100ミリの歯根膜のクッションがあります。食べ物を咬むときは、隣同士の歯が支え合って、咬む圧力を分散し合っています。

一番後ろの歯はその後ろに支えがないので、咬み合わせの影響を一番受けやすくなります。事実、一番後ろにある第2大臼歯の寿命が歯の中で一番短く、歯全体の寿命を延ばすには第2大臼歯の長期安定が鍵となります。

  • 被せた歯が低いか、咬んでいない歯があると、周りの歯に余計な負担を強いることになります。
  • 被せ物などで本来より高くなった歯があると、その歯だけでなく、咬み合う相手の歯にまで悪影響を及ぼします。
  • 歯が抜けたままの状態にしておくと、隣の支えとなる歯がないため、横方向に大きく揺さぶられることになります。

あなたにオススメのページ・関連記事

タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。
【ご予約は明石アップル歯科(明石市大久保町)への予約です】

予約

咬合性外傷(歯根破折)とは | 公開日: | 最終更新日: 2018年10月25日 | by



診療情報

歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 小児歯科

駐車場15台有 無料託児室有 専用手術室有
診療曜日 診療開始時間 9:30 診療終了 月・火・木・金18:45 水13:00 土17:00

※日曜診療は診療カレンダー参照

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能
所在地
兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1


このページのトップへ