麻酔の針が更に細くなりました

HOME > 新着情報 > 麻酔の針が更に細くなりました

麻酔時の痛みを更に軽減

35ゲージの細い注射針を使用します

アップル歯科では「痛みに配慮した治療」を心がけています。そのための取組の一つとして「細い針による麻酔薬の注入」を行っております。2020年3月までは、33ゲージというわずから0.26mmの針を使っていましたが、2020年30月以降は35ゲージ(0.23mm)という更に細い針を導入し、使用しています。

0.03mmというわずかな差ですが、このわずかな細さが患者様にとって「痛い」と感じるか感じないかを左右することもあるかと思います。アップル歯科では、歯科医師の技術力だけに委ねるのではなく、道具や医療機器による痛みの緩和の手段も常に模索し、良いものは導入するよう努めています。

これまで(33ゲージ)の針との違い

サイズ 針寸法 刺通抵抗値
33G(従来迄) 0.26mm 0.445N
35G(現在) 0.23mm 0.375N

33ゲージから35ゲージに変わることで、0.03mm程度針は細くなりますが、内径はどちらも0.11mmと同じで注入圧の増加はありません。刺通抵抗値は33Gに比べ15%以上低下するという報告があります(同メーカー比)。

※点滴用の注射針は26〜27ゲージ(0.4〜0.45mm)、輸血用は18〜19ゲージ(1.1.〜1.2mm)のものが使用されます

歯科治療の痛みの感覚は麻酔で消失できます

「歯科治療が苦手」な方の多くは「痛いから」です。しかしほとんどの治療において、歯科治療時の「痛み」という感覚は麻酔によって消失することができます。歯科治療が怖い方の中にはこの麻酔に対しての恐怖心、苦手意識がある方も少なくありません。

アップル歯科クリニックでは、この治療時の局所麻酔において、道具や機器を使うことで痛みの少ない治療を行えるよう努めています。目指すところは「いつ打ったの?」と患者様に仰っていただけるほどの小さなお痛み。そのために歯科医師は、相互実習において「痛みを感じなかった」と相手が思うまで練習を繰り返し、ドクター間でOKがでた時点で初めて患者様に麻酔を打つことができるようになります。これまで歯科治療の麻酔自体も苦手だったという方、一度アップル歯科で治療を受けてみませんか?「痛くなかった」と感じていただけれうよう、機器と技術を揃えてお待ちしております。

タグ: ,

麻酔の針が更に細くなりました | 公開日: 2020/04/03 | 更新日: 2020/08/19 | by 明石アップル歯科

このページの関連記事

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00
特別期間中※ 20:30 20:30 19:00 20:30 20:30 19:00

※2020年5月11日以降、新型コロナウイルス対策として特別延長診療をおこなっております

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

グループ医院のご紹介

4つのアップル歯科

明石アップル歯科
明石アップル歯科 明石アップル歯科 TOPに戻る
加古川アップル歯科
加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ
三宮アップル歯科
三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ
アップル歯科尼崎駅前
アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前 医院HPへ

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top