アップル歯科クリニックHOME > 自由診療 > インプラント > 他院でインプラントは難しいと説明を受けた方へ

他院でインプラントは難しいと説明を受けた方へ

骨や場所によりインプラントができなかった方…

アップル歯科クリニックでは、常に新しい技術を海外研修などを含めて習得に努めています。他の歯科医院でインプラントでは難しいと診断された方も、一度ご相談下さい。

骨がやせてしまった方

GBR (骨誘導再生) 法
特殊な技術・材料により、足りない部分の骨を再生します。

骨がやせてしまったためインプラントを埋入するのに「十分な骨幅がない」「高さがない」部分に応用します。しっかりとした骨にインプラントを埋入することは長持ちさせるための重要なファクターです。

GBR法、骨誘導再生法

上顎奥歯へのインプラントについて

上顎洞挙上術(ソケットリフト、サイナスリフト)
上の奥歯が抜けてしまい、その部分にインプラントを埋入する場合、多くのケースで必要となる手術 (GBR法の一種)です。

<ソケットリフト法>

インプラント体の挿入口から移植骨や骨補填材を挿入して、より簡便で安全に上顎洞の底部分を押し上げるテクニック。

インプラントを埴立する位置に、まずドリルを使用し骨を約1mm残し、専用の器具(オステオトーム)で槌打して骨を抜きます。
そして、器具で骨を押し上げ粘膜を拳上し、骨移植材を填入し、インプラントを埋入します。


ソケットリフト法

<サイナスリフト法>

サイナスリフト法には移植骨の生着を待って二次的にインプラント埋入を行う方法と骨移植と同時にフィクスチャーを埋入する方法とがあります。
骨移植と同時にインプラントを埋入する方法は上部構造装着までの期間が短縮され、手術回数が減って患者の負担が少ないという利点がありますが、インプラントの成功率は少々低くなり、適切な方向へインプラントを埋入するのが難しくなるデメリットがあります。
これに対し、増骨が終了した後、インプラントを埋入する方法はほぼ100%に近い成功率を得ることができます。
骨移植後インプラント埋入までの期間は7~8ヶ月といわれていますが、骨移植時にPRP法を施せば5~6ヶ月に短縮できます。


サイナスリフト法、その1

上顎洞側壁骨の相当部の歯肉を切開し、骨窓を開け、骨窓を下から内側に押し上げて上顎洞底部の粘膜を拳上します。
次に拳上して出来たスペースに移植材を入れます。
移植材を入れた後、外側を粘膜で被い歯肉を縫合して6ヵ月間放置し、造骨を待ちます。

上の歯は上顎骨(じょうがくこつ)とよばれる骨の中に埋まっていますが、奥歯の歯根の先には上顎洞とよばれる空洞が存在します。奥歯にインプラントを埋入する際には、空洞に突き抜けないよう空洞を持ち上げる手術(ソケットリフト、サイナスリフト)が必要になります。

上顎に十分な骨がない場合

サイナスリフト法、その2

<ネイザルリフト法>

上顎に十分な骨がない場合に、鼻の下に骨を作り鼻腔底を持ち上げて鼻の下に骨を作ります。



タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。
【ご予約は明石アップル歯科(明石市大久保町)への予約です】

予約

他院でインプラントは難しいと説明を受けた方へ | 公開日: | 最終更新日: 2018年10月25日 | by



診療情報

歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 小児歯科

駐車場15台有 無料託児室有 専用手術室有
診療曜日 診療開始時間 9:30 診療終了 月・火・木・金18:45 水13:00 土17:00

※日曜診療は診療カレンダー参照

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能
所在地
兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1


このページのトップへ