ワイヤーのない目立たないマウスピース矯正

HOME > 自由診療 > 歯並び矯正 > ワイヤーのない目立たないマウスピース矯正

透明で目立ちにくい、取外し可能なマウスピース矯正

【矯正したいけど出来ない】こんな方にオススメの矯正

  • 歯に着けるワイヤーが嫌(見た目)
  • 矯正装置のデコボコが痛そう
  • 一度着けたら終わるまで外せない
  • 結婚式やパーティなど、どうしても装置を外したい行事がある
  • 装置を着けたら歯磨きが難しそう
  • カレーやコーヒーなど、食べ物を制限されたくない
  • 毎月歯科に通うのは嫌
  • 金属アレルギーが心配

マウスピース矯正は多くの矯正のデメリットを克服した矯正です。

ワイヤーのない矯正

マウスピース矯正はSmart Trackという矯正に適した素材でできた透明のマウスピース型装置です。従来までの矯正とは違い、ワイヤーで引っ張るものでもなければブラケットのような凹凸のある装置も着けません。(※マウスピースによって歯を早く動かすためにアタッチメントというポッチを着けることはあります)。これまで多くの方が悩んできたワイヤーがない矯正。以前はその治療の成功率から、積極的にはお勧めしないこともありましたが、その精度は年々良くなり、当院でも本格的に導入しました。

ブラケットの痛みや違和感がありません

矯正前の方がブラケット矯正の大きな懸念として上げるブラケットの違和感。歯の表面に着けるわけですから「口唇に当たる感覚に慣れることが出来るかどうか」「少し口をぶつけただけで傷が出来てしまうのではないか」など、様々な心配があるとは思います。マウスピース矯正は、そのブラケットすらありませんので、それらの悩みは一切懸念する必要はありません。※全く痛みがないわけではありません。装着後数日間は引っ張られるような感覚があります。

着脱可能です

マウスピース矯正の大きなメリットは着脱可能なこと。「結婚式が近いから」「人前で発表する機会があるから」など、イベント時に外したくても外せないために時期をズラしたり、そのまま矯正を諦めたりされた方もおられました。マウスピース矯正は毎日着脱が認められています。1日の使用時間は20時間(最低17時間)ですが、全く着脱出来ない装置とはそのメリットは大きく異なります。※結婚式等で長時間外される場合は歯科医師に相談の上指示に従ってください。

清掃性も高く衛生的

着脱式ですから歯磨きも外して行います。ブラケットがないので凹凸を気にする必要はありません。従来どおりの歯磨きを行ってください。マウスピース自体は水での洗浄や歯ブラシでの洗浄、入れ歯の洗浄剤やマウスウォッシュなどで洗えます。また、2週間おきに新しいマウスピースに替わるので、ナイトガード(食いしばりから歯を守るマウスピース)に比べても衛生的です。

食事制限もありません

矯正装置を着けると意外に大きな悩みとなるのが食事の制限。ガムやキャラメル以外に、特に多くのものが禁止されているわけではありませんが、カレーやコーヒーなどは白いブラケットやワイヤーの着色の元となるため、避ける傾向になります。マウスピース矯正は食事中ももちろん取り外しますので、装置の着色を気にする必要はありません。

調整日も通常の矯正より大幅に削減

矯正治療を始めると、ワイヤーやブラケットの調整を行うため、1〜2ヶ月に1度の通院が必要となります。もちろん、マウスピース矯正でも調整日はありますが、2〜3ヶ月に一度と大幅に回数を減らす事ができます。矯正期間が2年の方であれば10回前後の違いになります。

金属アレルギーの方ももちろんOK

マウスピースの素材は特殊なプラスチック。金属は使用されていません。ですから、金属アレルギーの方も金属がアレルギーが心配な方も安心して矯正に臨めます。もちろん、空港の金属探知機などの心配もご無用です。

マウスピース矯正のデメリット

マウスピース矯正にももちろんデメリットはあります。場合によっては歯が並ばないこともあり得ますので、自身にあっているかどうか、しっかり歯科医師と相談して決めましょう。

自身で装着時間のコントロールが必要
(1日20〜22時間の装着を出来なければ並びません)
歯並びやお口に状態によって適応出来ないケースがあります
(ブラケット矯正なら可能な場合はあります)
装置を外せるというメリットの反面、外すという手間があります
(装置の着脱が面倒なこともあります)
一度治療計画からずれると全てのマウスピースが使えなくなります
(作り直しに費用はかかりませんが期間はその分かかります)
最終的にブラケットを着ける場合もありす
(細かな調整が出来ないため、最後はブラケットで1〜数ヶ月調整することもあります)

マウスピース矯正の流れ

  • 01

    初回相談・検査

    まずは相談からです。無料相談もありますが、無料相談で治療に進む場合、検査後に資料をもとにした再度初回相談が必要です。

  • 02

    矯正専門相談

    日本矯正歯科学会の認定医による矯正相談です。そこで歯並びの確認と矯正装置の説明を行った上でマウスピースの作成へと進みます。

  • 03

    マウスピースの型取り

    光学印象という型取りの代わにカメラで口腔内を計測します。作成した方からシミュレーション画像が作成され、その後あなただけのマウスピースの作成が始まります。

  • 04

    クリンチェック

    前述したシミュレーションのこと。OKから2ヶ月後にマウスピースのお渡しとなり、いよいよ秘密の矯正治療のスタートとなります。

マウスピース矯正のQ&A
Qマウスピースは1日何時間装着が必要ですか?
A20〜22時間を目安に装着が必要です。17時間を切ると次のマウスピースが合わなくなる可能性が高くなります。
Qマウスピースの取り外しは簡単ですか?
A歯にピッタリはまるように出来ていますので、多少の慣れとコツを掴む必要があります。お渡し時に当院で練習して頂きます。
Q次のマウスピースが合わなくなったらもう一度費用がかかりますか?
Aインビザライン社による保証があるため、5年以内であれば追加作成や作り直しの費用はかかりません。ただし型取りや処置が必要になった場合は時間により3,000〜5,000円+税(自由診療)の費用がかかります。
Qブラケット矯正と比べてどちらが早く終わりますか?
A大差はありませんが、ブラケット矯正の方が早い場合が多いです。もちろんブラケット矯正も扱っていますので、メリット・デメリットや費用を確認した上で決めて頂けます。
Q抜歯はしなくても良いのですか?
A必要な場合と不必要な場合があります。結局のところはが並ぶスペースの問題ですので、歯を並ばせた時の咬み合わせを計算して、抜歯・非抜歯を検討します。
Qどの程度目立たないものですか?
A気づくかどうかは相手にもよりますが、初見の方とあったり、ある程度の距離が離れていれば気づかれないことが多いです。芸能人やアナウンサーなども使用されていますが、テレビで見てもわからない方が多いです。
Q発音に影響しますか?
A歯の隙間から空気が抜けないので、なれるまではこもったような感じはするかもしれません。数日ほど装着すれば舌が慣れ、発音も違和感ない程度に回復することがほとんどです。
Q痛みはありますか?
Aないわけではありません。歯を動かすのですから、それなりに力がかかっています。ブラケット矯正に比べると比較的軽度の痛みは少ないと言われています。全く痛くないという方もおられますし、圧迫感や引っ張られるような痛みを覚える方もおられました。とはいえ、数日で慣れるという方がほとんどです。
Q過去にマウスピース矯正が難しいと言われました。
Aマウスピース矯正は苦手なケースもあります。しかし、当院でも過去には限られた咬み合わせの方のみへのご提案でしたが、今では多くの症例において治療が可能になったことを確認しています。インビザラインは世界で400万人の症例があり、その症例の数だけ精度はましてきています。よろしければ再度ご相談ください。
Q1枚のマウスピースをどれぐらいのスパンで使えばよいのですか?
A1枚のマウスピースで2週間となります。1つのマウスピースで歯が動く距離は0.25mm。使い始めと使い終わりでは0.25mmの差があるため使用感は変わってきます。
マウスピース矯正の費用

標準治療費両顎80万円+税 +調整費10回前後

インビザライン

  • 800,000円〜1,000,000円+税
  • マウスピース矯正
  • 歯並びの状態により異なります。

調整料

  • 0円
  • 3ヶ月に1度程度
  • マウスピース型矯正装置はトータルフィー(調整費込)となります。
選べる支払い方法

無理のない支払いで最高の笑顔を

一括払い

  • 例)864,000円
  • 現金・振込でのお支払いが可能です
  • ※別途調整費

アップル分割払い

  • 例)43,200円 × 20回
  • 20回まで金利手数料不要
  • ※別途調整費

カード分割払い

  • 例)36,000円 × 24回 +分割手数料
  • 分割手数料はカード会社により異なる
  • ※別途調整費

デンタルローン

  • 例)月々12,300円×84回
  • 年利5.3%※初回のみ15,122円
  • 調整費込のプランもあります

マウスピース矯正をスピードアップさせることができる装置

マウスピース型矯正装置の歯の動きを早めたい方には、オプションでオルソパルスという医療機器の使用をおすすめしています。オルソパルソは、カナダのバイオラックスリサーチ社によって開発され、2015年にFDA(米国食品医薬品局)に認可されたマウスピース矯正装置用の医療機器です。マウスピース矯正は、通常1〜2週間に1度アライナーを交換します。しかしこのオルソパルスという装置を使用することにより、3日に1度のペースまで短縮する事が可能になります。

副作用のない近赤外線による時短矯正

オルソパルスは近赤外線の作用により歯の周りの組織を活性化させ、痛みを和らげながら歯の動くスピードを速めます。 オルソパルス使用中は歯ぐきがジワーッと暖かくなりますが、近赤外線には副作用がありません。

1日10分の使用で歯の動きを早めます

オルソバルスの使用方法は簡単で装置を噛むだけ。これを毎日10分間使用使続けることで、矯正治療の期間を3〜5倍短縮できます。アライナーをテンポ良く交換することで歯の動きを実感するため、モチベーションが下がりにくいです。

常に清潔なマウスピースが使用できます

マウスピース矯正は通常1つのアライナーを1〜2週間使用します。いくら食事の後に歯磨きを徹底しても、使用後半には汚れや着色が目立つこともあります。それが3日に1度清潔なものに交換できるということは大きな利点と言えます。

オルソパルスの費用

種類 説明 料金
オルソパルス
オルソパルス
オルソパルスは近赤外線の作用により歯の周りの組織を活性化させ、痛みを和らげながら歯の動くスピードを速めるための医療器具です 矯正費+100,000円+税
タグ: , ,

ワイヤーのない目立たないマウスピース矯正 | 公開日: 2009/08/19 | 更新日: 2019/11/21 | by 明石アップル歯科

このページの関連記事

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 TOPに戻る

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 医院HPへ

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top