神戸・明石市歯医者アップル歯科クリニックHOME > 症例 > クリアブラケットによる叢生の矯正治療

クリアブラケットによる叢生の矯正治療

A.Y様

歯並び、特に前歯が気になるということで矯正相談に来られた患者様です。
叢生という、歯並びがガタガタになる症状の一つで、矯正治療により充分治療が可能なケースですが、上下とも前に突き出していることがやや難しいポイントとなりました。

before
before
before
before
before

目立ちにくい矯正装置を希望されておられましたが、一般的なクリアブラケットとコーティングワイヤーでの矯正をお奨めしました。
目だ立ちにくい矯正装置には、リンガル(舌側)矯正やマウスピース矯正などがあり、当初リンガル(舌側)矯正を望まれていましたが、彼女の場合当時学生であったことや、生活面での利便性を考えると、期間が短くそれほど目立ちにくいクリアブラケットの方がコストパフォーマンス的に優れていたため妥当と考えました。
カウンセリングでその旨を相談の結果、クリアブラケットでお願いしたいということで、治療を開始しました。

process
process
process

クリアブラケットは、リンガル(舌側)矯正ほど目立ちににくくはないものの、見た目に気になるほどでもなく、最も多くの患者様が使用されているブラケットです。

after
after
after
after
after

最終的に装置がはずれるまでに約3年間かかりましたが、キレイに並ぶ事ができました。また、今回は特に歯だけでなく顔貌の変化も著しく、治療が終る頃にはさらにキレイな女性へと変貌を遂げられました。
歯並びを治す事により、骨格や輪郭も変わってきますので、見た目に良くなる事は少なくありません。
もちろん、見た目も大切ですが、彼女の担当医としては、このままこのキレイな歯並びを保つことで、健康なお口の状態を維持できるようお手伝いできればと思います。
長い間の治療、お疲れ様でした。 担当歯科医師 大平真司

行った治療の内容:ブラケット矯正

矯正治療には以下のようなリスクを伴う可能性があります
清掃性の悪化によるむし歯や歯周病の進行、装置装着時の痛みや違和感・口内炎、治療期間の前後、成長発育によるオトガイの突出、顎関節の異常、抜歯(便宜抜歯・智歯抜歯)、歯根吸収・歯肉退縮、歯と骨の癒着、矯正治療後の後戻り、歯の神経の失活、金属アレルギー反応、その他個別のリスクや偶発症
※歯の動き方やリスクには個人差があります。


タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。
【ご予約は明石アップル歯科(明石市大久保町)への予約です】

予約
クリアブラケットによる叢生の矯正治療

クリアブラケットによる叢生の矯正治療 | 更新日: 2018年5月29日 | by 明石アップル歯科



明石アップル歯科の診療について 明石アップル歯科夏の恒例!りんご祭り2018ご予約受付中 早く・強力に・安全に。アップル歯科インプラント 痛みを少なく、早く動かす 明石・加古川・垂水区・西区 介護が必要な方の歯科治療 アップル訪問歯科診療 アップル歯科の治療実績 症例ごとの治療例 アップル歯科の症例集 明石アップル歯科からのご案内
駐車場15台有 無料託児室有 専用手術室有
明石アップル歯科の診療曜日 月・火・水・木・金・土・日 明石アップル歯科の診療開始時間 9:30 明石アップル歯科の診療終了 月・火・木・金18:45 水13:00 土17:00

※日曜診療は診療カレンダー参照

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能
所在地
兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1

アップル歯科スペシャルサイトのご案内 兵庫県明石市・神戸市求人 共に働き成長できる仲間の募集 クリニッククラーク PEPPER 明石アップル歯科のプレミアムフラデー
神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック フェイスブックページ 神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック スタッフブログ 神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック Rss2.0


このページのトップへ