アップル歯科クリニックHOME > ウィキ歯ディア【歯の豆知識】 > 抜歯が必要なとき

抜歯が必要なとき

アップル歯科で抜歯を行なうケース

ドクターがいくら歯を抜かない・削らない治療を心がけていても、
将来のお口の健康を守るためには、どうしても歯を抜かなければならない場合があります。
もちろん、残してあげたい気持ちは山々ですが、歯医者が歯を抜く時は、治療や健康を守る上で、必要な処置であることをご理解ください。

こんなときは抜歯します

残せないほどひどいむし歯

残せないほどひどいむし歯

歯根の先端に病巣(びょうそう)ができ感染が広がる恐れのある歯や、根しか残っておらず歯髄も死んでしまっているような歯。



歯周病が進行し、末期的状態の歯

歯周病が進行し、末期的状態の歯

歯を支えている骨が溶けるほど歯周病が進行し、周囲の健康な歯や歯肉に炎症が広がる恐れが
ある歯。



歯にひびが入り修復できない歯

歯にひびが入り修復できない歯

噛む力に耐えることができず、周囲の歯や歯肉に負担をかけて炎症を起こす原因となる歯。



歯にひびが入り修復できない歯

歯肉に埋まっている歯

歯肉の中に埋まっている歯(埋伏(まいふく)歯(し))、ねじれて生えている歯(捻転(ねんてん)歯(し))。かみ合わせを悪くし、周囲の健康な歯や歯肉に悪い影響を与えます



生え替わりのジャマをしている乳歯

生え替わりのジャマをしている乳歯

乳歯から永久歯への生え替わりがうまくいかないと、永久歯の歯並びが悪くなります。
それを防ぐために抜歯します。


矯正治療のため

歯並びの矯正、顎と歯の大きさが釣合っていない場合、総合的な判断のもと抜く歯を決めます。

あなたにオススメのページ・関連記事

タグ: , ,

この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。
【ご予約は明石アップル歯科(明石市大久保町)への予約です】

予約
抜歯が必要なとき

抜歯が必要なとき | 更新日: 2017年12月18日 | by 明石アップル歯科



明石アップル歯科の診療について

歯科 歯科口腔外科 矯正歯科 小児歯科

駐車場15台有 無料託児室有 専用手術室有
明石アップル歯科の診療曜日 明石アップル歯科の診療開始時間 9:30 明石アップル歯科の診療終了 月・火・木・金18:45 水13:00 土17:00

※日曜診療は診療カレンダー参照

電話番号
078-935-4182(ヨイハニ)
急患・新患受け入れ可能
所在地
兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1


このページのトップへ