反対咬合(受け口)の原因と治療方法

HOME > 新着情報 > 反対咬合(受け口)の原因と治療方法

反対咬合(受け口)とは

下の顎が上の顎より前に出ている

受け口は歯科用語で反対咬合と言い、不正咬合の1種であり、上顎よりも下顎の方が前方へ突出した状態を指します。

お口を「イー」としたとき、上の前歯よりも下の前歯が前に出ている状態でしたら反対咬合・受け口であると判断できます。

反対咬合の治療は、歯並びが原因である場合は、歯列矯正で治療できる場合もありますが、骨格の問題であれば外科矯正治療が必要になる可能性もあります。 外科矯正治療とは、顎の骨を切って分割したり、顎の骨を移動させて咬み合わせと整える治療です。

反対咬合(受け口)には2種類あります

歯槽性反対咬合

顎の骨の問題ではなく、歯の傾きに問題があるパターンです。 下の前歯が上の前歯よりも前方へ突出していたり、上の前歯が内側に傾いている場合です。

骨格正反対咬合

歯を支えている顎の骨に問題があるパターンです。下の顎が上の顎より前方へ突出している、もしくは上の顎が下の顎より後方にある場合です。

反対咬合(受け口)になる3つの原因

反対咬合になってしまう原因は、「親からの遺伝」、「舌の習癖(くせ)」、「下の顎の発達」の大きく分けて3つあります。

原因1 親からの遺伝

顔や声がお子様に遺伝しやすいように、歯並びや骨格も遺伝します。親が反対咬合だから必ず遺伝するというわけではありませんが、両親のどちらかが受け口の場合は、お子様もその骨格を受け継ぐ場合があります。

また、遺伝だけでなく親御さんの癖おお子様が真似をし、それが反対咬合の原因となることもあります。

原因2 幼少期の習癖(くせ)

幼少期の子供の顎の骨は柔らかいため、吸唇癖(唇を吸うくせ)や頬杖、顎を前に出す仕草が癖となっている場合、反対咬合を引き起こす原因となることもあります。

癖は長く続くにつれて、やめさせることが難しくなる場合もあり、反対咬合を進行させてしまう可能性もあるため、早い段階でやめさせることが重要です。

原因3 下の顎の過成長

成長過程で、上の顎よりも下の顎が発達し、大きくなってしまい、反対咬合になる場合もあります。

上の顎と下の顎のバランスが悪く成長してしまう原因の1つとしては、舌の位置が関係していることもあります。 舌の正しい位置は、上の顎にくっついており、支えている状態が望ましいのですが、何らかの理由で舌が下がってしまっていると、下の顎が発達してしまうこともあります。

反対咬合(受け口)を治療しないとどうなる?

反対咬合は歯と身体に影響を及ぼす

反対咬合は、しゃくれているような状態ですので、外見を気にされることが多いですが、実は健康へ悪影響を及ぼす可能性もあります。

まず、上顎が下顎よりも後方にあるため、咀嚼がうまく出来ない・発音がしかりできないなど、機能的な問題を生じます。そのため食事の咀嚼が不十分となり消化不良を引き起こすきっかけになったり(※1)、「サ行」や「タ行」の発音は前歯と舌を使うため難しい、発音不良でコミュニケーショうがうまく取れない、咬み合わせの問題から顎の変形・顔が曲がるなど(※2)、様々な問題を引き起こします。

また、反対咬合は将来的に歯を失うリスクの高い咬み合わせでもあります。咬み合わせの不良から顎にかかる負担が大きいため、8020(80歳で20本の歯を残す)達成者の中には反対咬合はいなかったというデータもあります(※3)。

※1)不正咬合者は,主観的評価として食べにくい食品がないと感じていても,客観的評価となる咬合力や咬合接触面積では正常咬合者のもつそれには及ばず,不正咬合者の主観的評価と客観的評価には差異があった。

※2)上の歯よりも下の歯が外側に出た状態。前歯のみで起こる場合が多いが、成長期の子供で奥歯の反対咬合を放っておくと顔が曲がるなどの障害が生じる場合がある。

※3)8020達成者の咬合分類 上下顎前歯の前後関係は84.6%、上顎前突15.4%、反対咬合0%であった。

反対咬合(受け口)の治療方法

マウスピース・歯列矯正・外科矯正

反対咬合の治療は、歯並びと骨格のどちらの要因によるものなのかで選択肢が違ってきます。 また、治療を始める年齢によっても治療方法は変わります。

幼少期であれば、骨格的な要因であっても発育・成長を利用して矯正装置によって改善できる場合があります。小児矯正の年齢は通常6歳以降の混合歯列期(乳歯と永久歯が混ざった状態の時期)に始めるのが一般的ですが、反対咬合に限っては、3歳ぐらいからマウスピースを使った治療が有効な場合があります。

既に発育・成長が終わっている成人であれば歯列矯正による治療となりますが、原因が骨格的な問題であれば外科手術を伴う治療が必要となる可能性があります。

反対咬合の症例

外科矯正を伴う受け口(反対咬合)の症例

Before

After

治療の内容 外科矯正とセラミック・ゴールド補綴、メタルボンド、ホームホワイトニングによる総合治療。
期間・回数 4年4ヶ月・15回(カウンセリング・検査含む、外科矯正回数除く※外科矯正は当院紹介病院にて手術)
費用 自由診療:セラミッククラウン✕1歯+ゴールドクラウン✕3歯+ゴールドインレー✕1歯+メタルボンド✕1歯+ホームホワイトニング 総額 525,000円(税込577,500円)(矯正費用は除く※歯列矯正は当院矯正医のクリニックにて治療)
リスク・副作用
  • 歯磨きがわるい場は、虫歯や歯肉炎が進行することがあります。
  • 顎関節が弱い方の場合、関節異常が出ることがあります。矯正治療中顎の関節に音がする、痛くなる、口が開きにくくなる、といったような症状が出た場合には直にお知らせください。その場合は顎関節症の治療をすることがあります。 長期の矯正治療により歯根吸収が生じる恐れがあります。
  • 歯ぐきや歯槽骨が多少やせることがあります。そのため、術前の状態より歯肉が退縮し、隙間ができることがあります。
  • 体質により金属アレルギーを引き起こす事があります。
  • 治療後、知覚過敏や痛みなどが出たり、吸収された骨が再生しなくなることがあります。
  • 歯肉が退縮して歯が長く見えたり、歯と歯の隙間が広くなったりすることもあります。

開咬と反対咬合(受け口)の歯列矯正

Before

After

治療の内容 マルチブラケットとタングクリブによる歯列矯正と、ベーシックインプラント1本、セラミッククラウン6歯、セラミックインレー3歯、ホームホワイトニングの総合治療。
期間・回数 5年1ヶ月・21回(カウンセリング・検査含む・矯正治療回数除く)
費用 自由診療:ベーシックインプラント✕1歯+セラミッククラウン✕5歯+セラミックインレー✕3歯+ホームホワイトニング 総額 1,085,000円(税込1,193,500円)(歯列矯正費用除く※歯列矯正は当院矯正医のクリニックにて治療)
リスク・副作用
  • 歯磨きがわるい場合には、虫歯や歯肉炎が進行することがあります。
  • 顎関節が弱い方の場合、関節異常が出ることがあります。矯正治療中顎の関節に音がする、痛くなる、口が開きにくくなる、といったような症状が出た場合には直にお知らせください。その場合は顎関節症の治療をすることがあります。 長期の矯正治療により歯根吸収が生じる恐れがあります。
  • 歯ぐきや歯槽骨が多少やせることがあります。そのため、術前の状態より歯肉が退縮し、隙間ができることがあります。
  • 体質により金属アレルギーを引き起こす事があります。
  • 治療後、知覚過敏や痛みなどが出たり、吸収された骨が再生しなくなることがあります。
  • 歯肉が退縮して歯が長く見えたり、歯と歯の隙間が広くなったりすることもあります。
  • インプラント手術後、まれに唇、舌、頬、歯肉そして歯牙の感覚マヒが一時的に発生する場合もあります。また、近接歯牙、顎、上顎洞、鼻腔に対する炎症、疼痛、過敏症、組織治癒の遅延及び顔面部の内出血(紫斑や黄斑など)が避けられない方もまれにおられます。術後、3~4日目になると腫れ止めが切れるため傷口が腫れてきますが、殆どの場合、1週間程度で傷口は治ります。
  • 術中に、歯牙や骨の状態により手術内容が予定より変更することも起こりえます。
  • 術中に、予定していた骨の量が足りない場合には、追加の骨造成が必要になることがあります。(治療代5万円)
  • 喫煙、飲酒は正常な治療の妨げとなります。術後1週間は控えてください。
  • 処方された薬剤の服用により吐き気、めまい、眠気、咳、お腹が緩くなるなど一時的な副作用が現れることがあります。
  • インプラントの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。

反対咬合(受け口)でお悩みの方へ

受け口の改善は相談から始めよう

反対咬合は、審美的な問題やコミュニケーションの問題から、コンプレックスに感じてしまうことが多い咬み合わせです。中には、その見た目や発音をからかわれるというご経験を持つ方も多くおられます。

しかし、治療となると「外科矯正が必要かも」と考えると、なかなか治療に踏みけれなかったり、費用面できになったり、咬み合わせが変わることの不安もあると思います。

ですから、まずは「治療する」と意気込むのではなく、相談のつもりで歯科をご利用いただければと思います。反対咬合は決して良い咬み合わせではありません。将来的に歯や身体にどのような影響が現れるのか、治療するとすればどんな治療でどの程度の費用や期間がかかるのか、まずは相談してから治療をするかどうか決めましょう。

当院には、反対咬合の治療の実績も多数あります。受け口でお悩みなら、まずは相談から始めましょう。

この記事の編集・責任者は歯科医師の岡本大典です。
タグ: , , ,

反対咬合(受け口)の原因と治療方法 | 公開日: 2022/06/09 | 更新日: 2022/06/09 | by 明石アップル歯科

このページの関連記事

明石アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

兵庫県 神戸市中央区周辺で歯科をお探しなら

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

大阪市 北区梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2丁目1番21号 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市 中央区難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪府大阪市中央区難波千日前15番15号 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

Copyight© 2019 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top