アップル歯科の一般診療

クラウン(被せ物)の種類と治療費

被せの種類の選択によって、その歯の長持ち具合には大きく差が出てきます。
特に前歯の被せは口元だけでなく、その人自身の第一印象にも大きく関わります。

[1] オールセラミック(審美製を大切にされる方に)

オールセラミック

130,000円~150,00円+税(主に前歯に用います【自由診療】)

メリット
  • セラミック(非金属)なので見た目が良い上、強度もある。
  • 金属アレルギーの心配がない。
  • より自然な色あい、形を再現できる。
  • 永年の使用にも変色せず健康的な白い歯の輝きで天然歯の美しさを保つ。
デメリット
  • 歯ぎしりのある方には適応できない場合もある。
  • 通常のオールセラミックほど精密ではない。

[2] メタルボンド(審美性と機能性のバランスを取りたい方)

メタルボンド

100,000円+税(前歯・臼歯とも【自由診療】)

メリット
  • 内面は金属、外面はセラミックで覆われた白い歯。
  • 審美性、強度ともに良く、手入れがよければ半永久的に美しさが保てる。
  • 見た目に一番自然の歯に近く、天然歯に近い美しさがある。
デメリット
  • オールセラミックと比べると、経年的審美性はやや劣る
  • コストがかかる。
  • 歯ぎしりのある方には適応できない場合もある。

[3] セレックセラミック(短時間で白い歯を入れたい方に)

セレックセラミック

80,000円+税(one dayは100,000円+税【自由診療】)

メリット
  • セラミックで容易にできる。
  • 金属アレルギーの心配がない。
  • 最短1日ででき、対応年数にも実績がある。
デメリット
  • コストがかかる。


[4] ゴールド(審美性よりも機能性を重視される方に)

ゴールド

40,000円~※金相場による変動有+税(主に奥歯に用います【自由診療】)

メリット
  • 金合金でできておりしなやかで歯との適合性もよく、虫歯が再発しにくい。
  • 天然歯に近い硬さで咬み合う歯を傷めず、奥歯に向いている。
デメリット
  • 色が白くないこと。
  • コストがかかる。

[5] ハイブリッド(コストと審美性のバランスを取りたい方に)

ハイブリッド

80,000円+税【自由診療】

メリット
  • セラミックの硬さと樹脂の粘り強さを併せ持った素材を使用。
  • 天然歯に似た色調で、ある程度見た目が自然できれいな仕上がり。
デメリット
  • 経年変化により色が黄色身をおびる。
  • コストがかかる。

[6] パラジウム

パラジウム

※保険適用

前歯 6,000円(前歯の場合は表面に薄いプラスティックを貼り付けます。)
臼歯 3,000円

メリット
  • 保険が適用される。
  • 治療がシンプルに行える。
デメリット
  • 色が銀色である。
  • 粘りが少ない材料のため適合性がやや劣るので、虫歯が再発しやすい。
  • 歯茎の色が黒ずんだり、金属アレルギーが起こることがある。


この記事が気になったら【簡単WEB予約】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

予約

むし歯を削る量を最小限に留抑える治療「ドックスベスト セメント」【自由診療】

歯を削らないむし歯治療ドックスベスト セメント

ドックスベストセメント(Doc’sBestCements)とは、アメリカで開発された、今までのむし歯菌を削って治すという発想とは全く違う、”虫歯菌を削らないでミネラルで殺菌する” という画期的な治療法です。ドックスベストセメントは、アメリカ最大の歯科関連団体であるADA(アメリカ歯科医師会)において安全な薬剤として許可を受け、アメリカでは一般的に用いられている治療法です。


歯を削らないむし歯治療ドックスベスト セメント

むし歯菌の感染部分を全部取ってしまうと神経が出てしまいますので、神経まで達しているむし歯の部分を除去しないで、ミネラルでむし歯を殺菌します。虫歯菌を殺す特殊なドックスベストセメントを使用します。歯の中にむし歯菌があった箇所が残りますが、むし歯菌はドックスベストセメントで死んでいるので、しっかり密封すれば、そのまま大きくなっていくことはありません。

費用について

残念ながら、このドックスベストセメントは、まだ保険治療でできる方法として認められていませんので、現在この方法は自費治療となります。5,000円(税別)また、上に被せる冠や詰め物も自費扱いとなります。また、虫歯が深すぎる場合は術後に症状が出て、神経の処置が必要になること(10〜20%)もあります。



この記事が気になったら【簡単WEB予約】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

予約

マイクロスコープ導入【自由診療】

アップル歯科に新しく、通常手探りで行われている歯の根の治療(根管治療)を、マイクロスコープを用いて、より確実で正確に治療を行うシステムが導入されました。

 

マイクロスコープ(手術用顕微鏡)とは

マイクロスコープ(手術用顕微鏡)とは

マイクロスコープを使った顕微鏡治療とは、肉眼の3~24倍の拡大視野で治療をおこなうもので、すでに医科領域では脳神経外科をはじめ多くの科で導入されています。
現在、日本の歯科医院においてはまだ2%という普及率ですが、アメリカでは1998年以降、根管治療専門医になるためのプログラムに、マイクロスコープの使用を義務づけています。

 

マイクロスコープの登場による根管治療の進歩

歯科治療

私たちの歯科治療は「手探りの外科治療」とも言われています。実際に目ではみえない細かいところを、手探りで治療しているのが現状です。
そして、その精度には限界がありました。
根管治療は歯の中に神経が入り込んでくる、ごく細い管(根管)の中の治療です。
この根管は人それぞれで、湾曲していたり、複雑に枝分かれしていたりもします。また、大臼歯などでは根管は3本、4本、と複数あり、そのすべてに完全な治療を行わなくてはなりません。
この細かく複雑な根管内に神経組織や細菌が残ってしまうと、時間をかけ細菌が増殖し、骨の中に膿が溜まって歯茎が腫れたりするのです。
マイクロスコープはその根管の中を明るく照らし、直接目で視ながら治療ができるのです。
マイクロスコープを使わないと、どうしても歯の根の先端をキレイにするのが難しく、再度細菌感染が起こりやすくなりますがマイクロを使うと根の先端まで汚れがキレイに取れるので再度痛みが出る可能性を低くすることができます。

 

マイクロの治療レベル~圧倒的な視える世界の違い~

肉眼との差

上の図は倍率1倍(肉眼)での見えるレベルと、マイクロ(25倍)で見える世界の違いです。
この写真からも、マイクロの使用の有無でどれだけ治療の精度が上がるかがお分かり頂けるかと思います。


肉眼との差

図1が肉眼で見える歯の根の中です。これではどうしても歯の根の内部をあまり見ることができません。
図2がマイクロスコープで見た歯の根の中です。かなり根の内部が正確に把握できるので
根の治療の正確さが飛躍的に向上させることができます。

 

マイクロスコープを用いての根の治療で以下のような症状が治る可能性があります

  • 神経を取ったはずの銀歯で咬むと痛い
  • 疲れると同じ歯から膿が出てくる。
  • 疲れると歯が浮いた様な感じがする。
  • 歯ぐきにニキビの様な痕がある方。
    (上記の症状が有る方は一度ご相談下さい。根の専門医なら歯を残せる可能性があります。)

その他、神経治療が上手くいかず、何年も歯科医院に通っている方や、歯の神経を抜かないといけなくなったが、なるべく歯を長持ちさせたい方、このマイクロスコープを用いた根管治療を受けられたい方はぜひ一度当院までご連絡ください。

 

歯を抜く前に~自分の歯を大切にしたい貴方に~

歯を抜く前に

歯は一度抜くと二度と元には戻りません。
歯を抜く前にマイクロ根管治療を受ける価値は十分にあると思います。
当院ではこのマイクロ根管治療で多くの方が歯を抜かずにご自身の歯で今もおいしくモノを食べることができています。

“歯を大事に思う貴方の想いを大切にしたい。”
それがアップルの願いです。

 

歯を抜く前に~自分の歯を大切にしたい貴方に~

歯内療法担当医 藤野慎治

一日1人限定ですが、相談を無料で受け付けています。
※”マイクロ根管治療の相談希望”と言って頂ければ予約が取りやすいと想います。

Tel :078-935-4182
お気軽にご相談ください。お待ちしています。

  • SJCD(Society of Japan Clinical Dentistry)歯内療法 course 終了
  • DEA(DENTAL ENTERPRISE ACADEMY)歯内療法course 終了

アップル歯科 歯内療法担当医 藤野慎治



この記事が気になったら【簡単WEB予約】

簡単WEB予約フォーム

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

予約

マイクロスコープを使った症例写真(超精密治療)

1日で12本の根管治療を終らせたプレミアムエンドの症例

  • Before

    before

  • After

    after

  • 歯の根に膿がたまり、耳から顎まで痛くなるほど我慢されておられましが、歯を大事にしようと一念発起されご来院されました。

    →この症例を見る

    →この症例を詳しく見る


    マイクロスコープ(インレー)の症例写真

  • Before

    before

  • After

    after


  • マイクロスコープ(インレー)の症例写真2

  • Before

    before

  • After

    after


  • マイクロスコープ(CR)の症例写真3

  • Before

    before

  • After

    after



  • この記事が気になったら【簡単WEB予約】

    簡単WEB予約フォーム

    別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

    予約

    ~歯科衛生士による歯周病治療の開始~

    歯周病の治療

    歯周病で侵される骨や歯茎は、家を支える基礎です。
    シロアリ(=細菌)が棲み付いた家であっては、リフォーム(=詰め物、被せ物など)もできません。
    急を要する場合以外は、歯周病治療から開始いたします。
    ここからは、私たち歯科衛生士にお任せください。


    口腔内細菌の顕微鏡検査

    顕微鏡検査

    お口の中に棲んでいる細菌を、映像で見ていただきます。細菌の種類や動き方、数、大きさなどを見ることで、大体のリスク判断ができます。


    歯周病菌の繁殖した口腔内

    正常な口腔内


    歯周ポケット検査

    歯周ポケット検査

    歯と歯茎の間にある溝(ポケット)の深さを測定します。歯茎の腫れや骨の溶け具合、歯石の有無などが分かります。


    歯周ポケット検査

    歯ブラシ指導

    私たちが細菌をコントロールするには限度があります。自宅での正しい歯磨きがあってこその、健康な歯と歯茎です。
    いい状態をできるだけ長くキープできるように、正しい歯磨きの方法をマスターしてください。



    歯周病治療の実施 2~7回

    歯周病治療の実施 2~7回

    コミュニケーションを重視し、全ての情報を加味して、あなたに最適な治療を進めていきます。
    歯周病の進行具合により回数が異なるのは、歯磨きをする(=見えている)部分でなく、歯茎に隠れている歯石を取り除く為、数ミリ程度の細かい作業で慎重に行わなくてはならないからです。
    もちろん、治療方法や回数などは貴方様と相談しながら治療していきますのでご安心ください。痛がりや怖がりな方でも、安心してくださいね。




    この記事が気になったら【簡単WEB予約】

    簡単WEB予約フォーム

    別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

    予約

    歯周病の予防

    毎日のケアで歯周病(歯槽膿漏)を予防、撃退しよう!


    毎日のブラッシング

    毎日のブラッシング

    毎日、きちんとしたブラッシングをして、丁寧に歯垢(プラーク)を取り除くことが大切です。


    定期検診

    定期検診

    歯垢(プラーク)を放っておくと、石のように固い歯石となります。歯石に変わってしまうと、日常のブラッシングで取ることはできません。
    少なくとも半年に1回は定期検診を受け、歯石除去と歯の健康チェックを行いましょう。


    早めの診療

    早めの診療

    歯周病は、初期のうちなら完治することができる病気です。
    また、かなり悪化していても現在は治療法の進歩により、適切な治療とセルフケアで歯を抜かなくてもよいケースが増えてきました。
    少しでも自覚症状を感じたら、痛みを感じなくても、積極的に歯科医院で診察を受けましょう。


    自分のお口の中の状態を知ろう!

    ペリオテスト(歯周病リスクテスト)

    ぺリオテスト

    口の中の歯垢(プラーク)を調べて、歯周病であるか、バナペリオテストで、歯周病になる可能性があるかどうかを調べます。

    口の中の細菌は約500種類と言われています。
    その中で歯周病の原因となっているのは10種類で、そのうちの3種類が歯周病の重症化の原となっていると言われています。
    バナペリオ検査は、重症化を招く3種の細菌の有無を5分間で判定することができます。
    菌が存在した場合には、特定の抗生剤を処方し菌の減少を図ります。




    この記事が気になったら【簡単WEB予約】

    簡単WEB予約フォーム

    別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

    予約

    歯周病(歯槽膿漏)度をチェック!

    歯周病は全身疾患にもつながる、恐ろしい病気です

    歯周病(歯槽膿漏)は、全身の健康に大きな影響を及ぼす病気です。
    以下のような症状があれば、要注意となりますので、歯科医院の受診をオススメいたします。

    歯を磨くとき血が出る
    歯と歯の間に隙間が出てきた
    歯茎が赤く腫れている
    歯茎が減ってきた(退縮してきた)感じがする
    口臭がある
    歯ぐきに痛みやかゆみがある
    歯がぐらつく
    タバコを吸う
    歯茎から膿が出る
    噛むと痛い
    歯が浮いた感じがする

    2つ以上あれば、要注意!
    5つ以上は、危険な状態と言えます。
    できるだけ早く対策をしていきましょう!



    この記事が気になったら【簡単WEB予約】

    簡単WEB予約フォーム

    別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

    予約

    痛くない歯周病治療【ペリソルブ】(自由診療)

    ペリソルブ

    痛みが苦手・怖い人の歯周病治療・予防として、痛みの少ない「ペリソルブ」という薬剤を使った治療があります。

    これは、歯周病の原因となる歯垢や歯石を薬剤で融解・殺菌して病巣を取り除くという方法です。これを使うことにより、より痛くなく・低リスクでの歯周病治療や予防が可能です。

    痛みが少ない

    ペリソルブは、歯垢や歯石を薬剤が作用し、融解させた上で掻き出すという新しい歯周病治療です。歯周病治療にはスケーリング(歯や歯根の表面の歯垢と歯石を除去)、SRP(歯周ポケット内のプラークや歯石の除去)、PMTC(歯石・歯垢・バイオフィルムの専門的な除去)などがありますが、これらは機械やスケーラーと行った道具を使い、歯垢や歯石に物理的にアプローチする方法です。つまり、機械の振動や刃物のようなもので歯石を取り除くわけですから、多少なりとも痛みを感ることがあります。しかし、ペリソルブを使うことでその硬い歯石を融解するので、歯肉を傷つけることない歯周治療が可能です。更に歯肉を傷つけないことから治りも早く、歯肉炎の腫れなども早く引きます。

    出血を少なく感染のリスクを低くします

    歯周病治療は、歯ぐきの中の歯石を取る際に出血を伴うことが多々あります。出血があると歯石を除去する際に歯石や歯垢内の細菌が飛散し、歯肉から雑菌が血管に侵入すると全身疾患に繋がったり、細菌を吸い込むことで誤嚥性肺炎の発症の原因となることもあります。ペリソルブを使うことで痛みと共に出血を防ぐことが出来るので、当然ながら感染のリスクも下がります。さらに、ペリソルブは殺菌性が高い薬剤ですので歯石自体も塗布することで殺菌してくれます。口腔内や体内への感染を最小限に低くしてくれる治療です。

    ペリソルブの治療手順

    ペリソルブの塗布

    ペリソルブの塗布

    軟化した歯石の除去

    軟化した歯石の除去

    歯肉の回復

    歯肉の回復



    この記事が気になったら【簡単WEB予約】

    簡単WEB予約フォーム

    別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

    予約

    歯周病(歯槽膿漏)の症例

    症例1(37歳、男性、喫煙者)

    before

    after

    症例2

    before

    after

    症例3(31歳、男性、過去に喫煙歴あり)

    before

    after

    歯科衛生士コメント

    歯に対する意識の高い方で、半年に1度は歯石取りをされていました。
    当初は、全体的に歯肉の腫れと出血が見られ、歯周ポケットは5~8mm(正常で2~3mm)という状態でした。
    歯周病予防を実施する中、理想的なホームケアを見事に習慣化され、現在はご本人様の希望で、3ヶ月毎に定期健診を行い、とても良い歯肉の状態を保たれています。

    症例4(56歳、男性、喫煙者)

    before

    after

    歯科衛生士コメント

    詰め物が脱離され来院。過去に歯周病予防の経験がありませんでした。全体にタバコによる着色があり、ご本人様は、気にされていない様子でした。4回にかけて歯周病治療を実施した後、3ヶ月毎の予防を希望されています。

    症例5(20歳、女性)

    before

    after

    歯科衛生士コメント

    歯肉の異常、口臭をお母様に指摘され来院。朝、晩のブラッシングをされていましたが、出血する為、磨くのが怖かったようです。慢性的な鼻炎で口呼吸の為、前歯の歯肉の炎症がとても強く、歯肉の深い部分まで、大量の歯石がついていました。歯周病予防に入る前に、正しいブラッシングを覚えて頂き、歯肉の回復後、歯を見せて笑えるようになったと、大変喜ばれています。

    症例6(19歳、女性)

    before

    after

    歯科衛生士コメント

    約10年歯科にかからす、虫歯による痛みで来院。毎日、朝・晩2回のブラッシングをされていましたが、10代とは思えない歯石と歯垢の量で、全体的な歯肉の腫れと出血が認められ、歯磨き指導から始め、歯周病予防を実施しました。当初、ご本人様は歯肉の状態を気にされたことがなかったようですが、日頃のお手入れがいかに大切かを理解して歯磨きして頂けたので、2ヶ月後には健康な状態へ改善されました。別人のような口元になったと、喜ばれています。



    カテゴリー:歯周病(歯槽膿漏) | タグ: , ,

    この記事が気になったら【簡単WEB予約】

    簡単WEB予約フォーム

    別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

    予約

    歯周病・歯槽膿漏治療の症例写真

    被せ物のやりかえと、歯周病治療のケース

  • Before

    before
  • After

    after
  • 古い被せ物のやりかえと、歯周病治療を行いました。若い頃に抜歯になった歯が、そのままになっていたので、インプラントで欠損部分の修復も行いました。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    歯周病のSRP・歯周内科(投薬)・メインテナンスによる改善

  • Before

    before
  • After

    after
  • 歯茎の腫れで来られた患者様です。全体的なプラークコントロール不良により、歯周病のため歯肉が膨張し、出血まで見られました。位相差顕微鏡により、歯周病の原因となる菌も多く見られたため、歯周内科(投薬による治療)と、SRPによるブロックごとの治療を計画していきました。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    欠損補綴(インプラント)治療に伴う歯周病の改善

  • Before

    before
  • After

    after
  • 欠損補綴(歯が抜けた後の治療)についてのご相談でご来院されました。 見た目が一番困っているという事で、インプラントとブリッジのご説明をさせていただくと共に、歯科は30年ぶりということで歯石もかなりたまっており、歯周病や歯石除去のお話もさせていただきました。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    歯並びが悪い方の歯周病と口臭治療

  • Before

    before
  • After

    after
  • 1年前から全体的に歯ぐきが痛み出し、歯も動揺し始めたので歯周病を自覚されたそうです。 仕事で時間をとることができず、放置した結果痛みが強くなり、意を決してご来院いただきました。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    重度の歯周病に対する歯科医師・衛生士・患者様の連携による治療

  • Before

    before
  • After

    after
  • 下あごの奥歯のインプラント相談で来られました。歯医者がとても苦手で、何年も放置されていたそうですが、歯磨きのときに毎回血がで始めたのと、口元が気になって人と目を合わして会話する事苦手になってしまい、意を決してご来院いただきました。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    急速進行性の可能性のあった患者様の歯周病治療

  • Before

    before
  • After

    after
  • リンパが痛くなり、その後前歯が痛み出したということで、歯周病を懸念されてご来院されました。 来院時には、全体的に歯肉も晴腫れ、首も腫れている状態でした。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る

    歯周病治療から予防歯科による口腔衛生の改善

  • Before

    before
  • After

    after
  • 左上の奥歯が痛いということで、応急処置でご来院された患者様です。冷たいものがしみたり、物が挟まるという事でしたが、歯周病がかなり進んできていることをお伝えし、後日より歯周病治療を開始しました。

    →この症例を見る
    →この症例を詳しく見る
    もっと見る

    この記事が気になったら【簡単WEB予約】

    簡単WEB予約フォーム

    別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

    予約

    咬合性外傷(歯根破折)とは

    咬み合わせが悪いと、ブラッシング(歯磨き)が上手でも、歯は長持ちしません。

    このような悪い咬み合わせを咬合性外傷と呼びます。

    虫歯治療で詰めたり被せたりした後、何か少し高い気がしたけれど、使っているうちにだんだん気にならなくなったことはありませんでしたか?慣れたのではなく、咬合性外傷によって歯根膜が緩み、歯の可動領域が広がってしまったのかもしれません。

    歯根膜

    歯の根の周りには歯根膜という、歯を固定し、咬む衝撃を吸収するクッションがあります。たった15/100ミリ程度のクッションですが、とても大切な組織です。それよりも大きな噛み合わせの誤差が生じると、歯根膜やその周囲の組織が破壊され、歯が緩んでグラグラし始めます。

    歯と歯の間には5/100ミリ程度の隙間、歯根の周りには15/100ミリの歯根膜のクッションがあります。食べ物を咬むときは、隣同士の歯が支え合って、咬む圧力を分散し合っています。

    一番後ろの歯はその後ろに支えがないので、咬み合わせの影響を一番受けやすくなります。事実、一番後ろにある第2大臼歯の寿命が歯の中で一番短く、歯全体の寿命を延ばすには第2大臼歯の長期安定が鍵となります。

    • 被せた歯が低いか、咬んでいない歯があると、周りの歯に余計な負担を強いることになります。
    • 被せ物などで本来より高くなった歯があると、その歯だけでなく、咬み合う相手の歯にまで悪影響を及ぼします。
    • 歯が抜けたままの状態にしておくと、隣の支えとなる歯がないため、横方向に大きく揺さぶられることになります。


    この記事が気になったら【簡単WEB予約】

    簡単WEB予約フォーム

    別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

    予約

    咬合性外傷の治療方法

    歯1本単位の治療の場合は

    咬合性外傷、歯一本単位の治療

    • マウスピースで負担軽減
    • 咬み合わせの調整
    • 高さのあっていない被せ物などを外す

     

    歯全体の治療の場合は

    咬合性外傷、歯全体の治療

    • マウスピースで負担軽減
    • 奥歯をインプラントで補強
    • 全体的な咬み合わせ治療

     



    この記事が気になったら【簡単WEB予約】

    簡単WEB予約フォーム

    別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

    予約

    自己診断してみましょう

    実際には1/100ミリ精度のチェックが必要となりますが、ここでは簡単に自己診断できる方法をご紹介します。

     

    中心咬合位

    中心咬合位

    上下の歯を咬み合わせたとき、奥歯のみが均等に当たっているのが理想です。奥歯で咬んだとき、前歯が強く当たっているなら前歯の咬合性外傷となります。

     

    側方運動

    側方運動

    下の顎を左に移動させてください。それまで接触していた上下の奥歯が離れ、左の検視を擦っているはずです。いつまでも左の奥歯が擦っていたり、前歯や奥歯が擦っているなら側方運動時の咬合性外傷です。今度は下顎を右方向に動かして、同様のことを確かめてください。

     

    前方運動

    前方運動

    下の顎を前方向に動かして下さい。今まで接触していた上下の奥歯が離れ、前歯を擦っているはずです。いつまでも奥歯が擦っているのなら、前方運動時の咬合性外傷です。

     



    カテゴリー:咬合治療 | タグ: , ,

    この記事が気になったら【簡単WEB予約】

    簡単WEB予約フォーム

    別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

    予約

    DCS(Dental Compression Syndrome)

    DSCは歯ぎしり、くいしばりによって起こります

    DCS(Dental Compression Syndrome)とは、「歯ぎしり」や「くいしばり」のダメージによって引き起こされる症状です。

    約90%の人がDCSの症状を持っているにもかかわらず、自覚できている人は5~10%程度しかいません。ギリギリと大きな音をさせる「歯ぎしり」は、比較的自覚しやすいものです。しかしながら、音もさせずにグイッとくいしばることでも、歯に大きな負担を掛けています。この「くいしばり」は音が出ないため自覚・他覚が困難です。

    顎の痛み、噛むと響く痛み、しみる、歯と歯茎の境目が削れているなどは、歯に強い負担が掛かっている場合に起こる症状です。

    • 咬み合わせの面が削れて、平らあるいはくぼみがある。
    • 歯と歯茎の境目が彫れている。
    • 上顎や下顎の内側に骨の出っ張りがある。


    カテゴリー:咬合治療 | タグ: , ,

    この記事が気になったら【簡単WEB予約】

    簡単WEB予約フォーム

    別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

    予約

    実際の治療例で考えてみましょう

    歯を失ったとき、3種類の歯の作り方が考えられますが、咬み合わせの観点からみるとどうでしょうか?

    部分入れ歯

    部分入れ歯は、残った歯に負担が大きい

    義歯の沈み込む量が、健康な歯と比べて大きいため、義歯の両隣の歯の負担は計り知れないほど大きなものです。他に選択肢がなければしかたありませんが、できれば避けたい方法です。大きな部分入れ歯であればあるほど、残された歯への影響は大きくなります。


    ブリッジ

    ブリッジは、残った歯に負担が大きい

    3本の歯の負担を2本で支えることになり、その負担は1.5倍になってしまいます。長期的にみると過負担になってしまい、やはり避けたい方法です。


    インプラント

    インプラントによる治療が、最も残った歯への負担が少ない他の歯に余分な負担が掛からないため、残っている歯の寿命を縮めることがありません。ただし、インプラントに向いているかの診断が必要です。



    この記事が気になったら【簡単WEB予約】

    簡単WEB予約フォーム

    別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分程度。お電話でのご予約も可能です。

    予約

    神戸・明石の歯医者 アップル歯科クリニックの一般診療。主に保険適用が可能な治療をはじめとした一般的な診療のご案内。アップル歯科クリニックでは各種保険治療を承っています。


    明石アップル歯科の診療について 早く・強力に・安全に。アップル歯科インプラント 痛みを少なく、早く動かす 明石・加古川・垂水区・西区 介護が必要な方の歯科治療 アップル訪問歯科診療 アップル歯科の治療実績 症例ごとの治療例 アップル歯科の症例集 明石アップル歯科からのご案内
    駐車場15台有 無料託児室有 専用手術室有
    明石アップル歯科の診療時間

    電話番号
    078-935-4182(ヨイハニ)
    急患・新患受け入れ可能
    所在地
    兵庫県明石市大久保町高丘3-3-1

    アップル歯科スペシャルサイトのご案内 兵庫県明石市・神戸市求人 共に働き成長できる仲間の募集 クリニッククラーク PEPPER 明石アップル歯科のプレミアムフラデー
    神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック フェイスブックページ 神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック スタッフブログ 神戸・明石の歯科 明石アップル歯科 クリニック Rss2.0


    このページのトップへ